旦那のリストラからの借金生活で男性不振

20代前半でのできちゃった結婚なんてざらに聞く話ですよね。

私は20代前半にお付き合いをはじめた彼と本当に付き合ってすぐ子供ができてしまいました。親からは最初そんな反対もなく、むしろ早く孫が見れてうれしいなんてことも言われたので安心して結婚まで進んでいきました。

男性は家庭を持つと一生懸命に働くものだと信じていましたし彼もその期待にこたえて一生懸命働いてくれたんです。

しかし5年も経てば人は変わるものです。2人目を授かったころにちょうど不景気の波が訪れました。彼は大工でしたからその影響が直できました。

人員の削減、リストラです。今までの収入もさほど多くはありませんでしたが暮らしに困る程でもありませんでした。貯蓄も少しはあったのでしばらくは持ちこたえることもできたんです。

しかしなぜか再就職先を探さないのです。一度戦意を失った彼に再度働く気力は残っていないようでした。若い体で毎日家にいて何が楽しいのか私には理解しがたく次第に気持ちも離れていきましたから離婚は当然のながれです。

私の借金はこの時の生活費です。家もローンで購入したてでしたからなんとか手放すまいと最初は親に相談して借金もしましたが老夫婦からそんなに借りたくなかったので、頼みの綱は消費者金融でした。

最初はプロミス、それでも足りずに当時CMが盛んだったレイクで50万円ずつ借り入れました。借りても返すあてもないのですがしばらくして家も手放し、旦那とは協議離婚で決着をつけるほど最後はこじれてしまいました。

人間てこんなに変わってしまうものなのだなと恐ろしくかんじたものです。

30代の今では夜の仕事もして返済完了しましたが金利も高かったので返済するのは本当に大変でした。

がんばれたのは子供のおかげですね。できれば二度と借り入れたくないです。